自分がやっていること、人生設計について。

Pocket

こんにちは。End-Lockerです。

 

今回は大学生の自分がやっていること、将来に向けた人生設計について記事に起こしていきます。

 

 

 

当方某大学の理系で3年生をやっております!

実際それなりの大学であり理系なので一般的な大学生の言う「忙しい」と言われるような状況下にあります!

 

 

 

確かにレポート等忙しい部分はあるかと思います!

しかし、もちろん忙しいといっても暇な部分が少なからずあるはずです。

なので、自分自身大学生活のみで「忙しい」と思ったことがほとんどありません。

 

 

 

遊びに行く時間がある。テレビを見る時間がある。Line等SNSをする時間がある。YouTubeで動画を見る時間がある。その他探ればたくさん出てくると思います!

 

 

 

そのような環境の中「忙しい」は極端ではありますが甘えだと思っています。

 

 

 

なので当方は人のやっていないことで将来につながることをしていきたいと思い色々と手掛けてきました!

 

 

 

他の一般的な大学生がやっていないもので当方がやっているものとしてリストアップしていくと、海外輸入転売、このブログの開設(アフェリエイト)、資格取得(自転車安全整備士、自転車技士)、インターンシップ(インターンに来た初めての人とのディベートのできる)が今現在やっているものとして浮かびました。

 

その他色々なものに手を出してきました。

しかしその色々なものは失敗してきたものが多いです!

その失敗に関しても無駄な時間を使ったとは全く思いません。

すべての失敗において何か自分の人生に有益になるようなことにしか手をだしていないからです!

それを自分に対する人生への「自己投資」と思っております。

 

 

また、リストアップしたものの最終目標としてはすべて収入が当てはまります!

しかし現時点において収入としてこの中であるものは海外輸入転売のみとなっています!

その他においてはすべて現時点で赤字です。

 

では何故このように赤字になっているものを続けているのか。。

 

それは人生の中の大学という4年間、この4年間は人生の中の夢への挑戦において失敗のできる最後の期間だと当方思っております。

 

なので、たくさん挑戦してたくさん失敗、その中で当たればいいと思っています。

先ほどもいったように「自己投資」です。

 

 

 

上記に挙げてきたものをそのまま何もしてこなかった人がやると恐らくすぐにやめてしまうと思います。しっかりとやれたとしてもおそらく病みます。。(笑)

 

その程度のことを自分自身中学校頃から新しいことを探してきたことに人よりもできることがかなり多いと。自分自身の自信であります。

 

しかし現段階で満足しているわけではありません。満足していたら挑戦を今頃やめています。

 

 

では、何もしてこなく、そろそろ人生に焦り初めてきた大学生のみなさん、また今現在の生活に満足していない社会人の方。

 

何をしていけばいいのかと。

 

まずはどのようなことでも構いません。

自分の周りにあることに複数の目的を付帯して取り組んでみてください!

 

例えばアルバイト。

アルバイトの目的はみなさん基本的に1つ。お金だと思います。

 

しかし、アルバイトとは社会勉強にもってこいの場です。

自分自身アルバイトは2つ掛け持ちしています。

 

2つのアルバイト(フットサル場勤務、ホームセンター)に対してどちらも目的があります。

 

まずはフットサル場

  • 電話対応ができる→お客さんへの電話対応の向上
  • スポーツを通じて大人との仕事等の対話
  • 事務作業にて自身のPC操作能力の向上
  • 人と関わりが多いため人間観察として人の見極め能力の向上

 

次にホームセンター

  • 資格取得(自転車安全整備士、自転車技士)
  • 自分の所属しているラインの社員数の薄さ→自身の売り場として制作、人の指示等ができ実践形式として自身のスキルアップ。
  • 自転車を販売する際における営業能力の向上

 

 

このように多く挙げられました。

意外と考えれば見つかっていくものです。

目的を持つことによって自分への自信として帰ってきます。

このブログを読むことによって少しでも考えが変わってもらえるようになっていただければ幸いです!!

 

 

 

 

記事制作時間:75分

文字数:1690文字

Thank you for seeing this blog!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です